空襲は永遠に(「地獄めぐり」としての『双生児』)2015年12月26日 09時52分19秒

 気がつくとほとんど週刊状態のプリースト『双生児』解析シリーズ。読んでない方にはわけのわからない話ですみません。

■「記憶」と「記録」
 通常の歴史改変SFは「歴史改変のポイント」で読者の知る歴史と別の出来事が起こり、そこから「風が吹けば桶屋がもうかる」式に変わってしまった歴史を経た世界が描かれる。
 『双生児』(特に第五部)においては、その「ポイント」が一見「チャーチルの停戦決定」であるかのように描かれている。
 物語の外枠にあたる「スチュワートの世界」においては、既存の歴史研究で「ジョー・L・ソウヤー」は以下のような存在とされてきた。

・チャーチルの停戦決定の過程に関与した(らしい)。
・和平交渉に参加、署名と写真を確認できる。
・目撃例は赤十字活動で英国国外で2回のみ。
・和平成立後の消息は不明。

 ジョーの存在は、文書や写真等の「記録」にのみ残るものの、それ以外はきれいにその存在が消失しているようである。

 この世界では、サム・レヴィの書簡からジャックは爆撃機の墜落で死んで、同乗者の中ではサムのみが生き残っている。
 ジャックについては死んだ後も、まだしもサムの「記憶」には残っているようだが、ジョーについては、どうやら誰の「記憶」にも残っていないのではないか?
 とりわけ、ジョーの息子であるはずのスチュワートが実父と思われる人物について、実母(ビルギット)や周辺の人物(養父ハリー)はジョーについて何も語らなかったのか?

 それについての一つの解釈だが(前回もちらっと触れたが)、ジョーが時間遡行で肉体ごと姿を消し、遡行した先で死亡したのか、別の歴史をたどった世界を生き延びていったのか、いずれにしても肉体存在として戻ってくることなく存在自体が消失したことで、時間SFではたまにみられる世界の自己修復機能で、存在自体が(過去まで遡って?)なかったことになっているのではないか?
 その場合、ジョーの存在が消えた後の世界では(その世界の人々の「記憶」の中では)、以下のように改変されていたのかもしれない。

・ジャックは双生児ではない?
・ビルギットは英国に脱出後、ジャックと結婚?
(サムの書簡でジャックがビルギットと結婚している、と語っていたのは浮気を隠すための偽装ではなく改変後の事実?)
・スチュワートの父親はジャック!?

 この場合、ジャックはスチュワートの誕生日に死亡しているので、夫を失ったビルギットは自然な流れとして、もともと懇意だった隣家のハリーと再婚して彼を育てた(ということになっている)のだろう。
(スチュワートとサムとのやりとりの中ではジャックとスチュワートの関係も語られない点には、なお違和感が残るが、そこはここでは措いておく)

 ただし、この世界の自己修復機能はどうやら人々の「記憶」には作用するが、文書や写真等、物理的に残ってしまったものにまでは及んでいないのではないか。ということで、誰一人その存在を「記憶」していないにも関わらず、「記録」の中にはジョーの存在の痕跡が残されてしまっているのが「スチュワートの世界」なのかもしれない。

■あしたのないジョー
 そういうことで、「スチュワートの世界」からは存在を抹消されてしまっているっぽいジョーだが、ジョー本人の主観ではその後をどう生きていったのか?

 前回考察したように、和平の実現した世界から拒絶されたように感じて、和平に関わることをやめてしまっていたなら、英独和平が不成立に終わった読者の知る歴史の世界で生きながらえたのかもしれない。
 あるいは、その後も和平の努力を続けたが、どうあがいても和平成立の世界に居続けることができず、セーブポイントである救急車に戻って無限ループに陥っているという可能性もある。

 よくよく考えてみると、せっかくビルギットと結婚したのに生活は苦しく、赤十字活動に没頭してビルギットはほったらかし、たまに家に帰ると自宅はグラットン親子にのっとられているか、ジャックがビルギットを訪ねてきたらしい痕跡をみつけるか、ジョーの私生活は荒廃する一方。
 しかも、そのことを自覚するような出来事に遭遇すると時間が戻ってしまうので、自分が成し遂げた和平成立の世界から離脱せざるを得ない、というループ構造になっているというあたりが、また底意地が悪い。

 いいことがあった、と思った次の瞬間にそれがひっくり返る、という絶望感は精神的にかなりきつい。そういった瞬間を選りすぐって追体験をループで繰り返す主人公の地獄めぐりを描いた短編にティプトリー「煙は永遠に(煙は永遠にたちのぼって)」のような作品がある。(ベスターの「地獄は永遠に」も同様のアイデア、構造と思われる)

 また、この第五部の読後感は、先日改訳復刊されたレムの『泰平ヨンの未来学会議』の読後感にも近いように思う。『〜未来学会議』は主人公に対して次々と作用してくる幻覚剤の効果で、さまざまな悪夢的な世界を体験するが、最後の数十行で複合的な幻覚がはがれて、物語の序盤に回帰するのだが、その世界は、未来学会議参加者たちが物語序盤で始まった爆撃を逃れて一時的に休息しているシチュエーションであり、そもそもハッピーなエンドではない。しかも、そこまでに描かれた幻覚の多層構造を考えると、悪夢的な現実から脱出し切れたとは思えず、時間ループではないものの、これも「地獄めぐり」的な物語構造であった。

 『双生児』においても、第五部が「ジョーの自筆ノート」で時間が戻った瞬間で終わってしまい、ジョー本人はけっして望む世界にたどり着けず、絶望の無限ループに陥っていることを示唆している点で、読後感は『〜未来学会議』に近いと感じた。

ととろでまいまいしんこなつぶやき2010年10月28日 23時11分41秒

22:06:33 アニメ様に対して恐れ多いとは思いつつも、アニメに対するファンとしてのスタンスはすごく自分と似ていると思うことが多い。ちょっと前の『マジカルエミ』の感想の時もそう感じたけど、今回のこの『トトロ』と宮崎駿へのスタンスは人ごととは思えない。→http://bit.ly/c4EDr2

22:08:26 当時大学院生で学会発表とかでばたばたしていて、『トトロ』は最初の上映期間内には観にいけなかった。

22:12:28 それでも、その年の秋くらいにはレンタル店に出たので、『トトロ』も『火垂るの墓』も研究室帰りに借りて深夜に観た。『トトロ』はその後ほとんど毎日のようにヘビーローテーションしたけど、『火垂るの墓』はそれっきり二度と観ていない。観る勇気がない。

22:16:49 今にして思えば、興行成績が悪く、資金回収のために早期にソフト化せざるを得なかったんだと思う。その年の日本アカデミー賞に入って、年末くらいに凱旋上映があったので、後追いではあるが劇場で観ることができた。

22:19:28 おかげで、劇場で同時に『火垂るの墓』を観ずにすませてしまったのだが、やっぱり『トトロ』→『火垂るの墓』の順番で観てしまった人はトラウマになったんじゃないか、と人ごとながら心配した。

22:20:39 だからといって、『火垂るの墓』→『トトロ』の順で観たからといって、『火垂るの墓』がトラウマにならない訳ではないが、劇場を出る時の気分は相当にちがうよねえ。

22:26:09 で、本当は同じ時期に『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』が公開されていた筈なのだが、当時ミニシアターから足が遠のいていたおかげでまったく情報が入っていなかった。

22:29:51 翌年就職したら、その当時の静岡では、毎年夏に劇場系列を度外視した全劇場参加の一大オールナイト企画があって、観損ねていた『薔薇の名前』を観ようと入った同じ劇場にかかっていたのが『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』。一発で気に入った。

22:33:59 けんみん映画祭。静岡市の映画館が交差点を挟んだ至近距離に隣接しているという立地を利用して、平日レイトショー&土曜日オールナイトで40本くらいの映画をまとめて上映するというすごいお祭りだった。なくなって久しいんだけど。

22:38:54 立地のみならず、通しチケットを買えば、どの日のどの劇場にも出入り自由という超太っ腹なお祭りだった。借り上げ独身寮が静岡市だったのも幸いして、最初の3年くらいはずいぶんお世話になった。単館なら観にいかないかもしれない作品を発見する機会にもなった。

22:42:33 ある意味、建物が分かれたシネコンみたいな状態だったといえるかも。というか、立地だけなら今でも変わっていない。因みに、全国でみっつくらいしか残っていないらしい「オリオン座」があるのがこの映画街である。「ミラノ座」ももちろんある。

22:43:53 今は、清水と藤枝にシネコンができちゃったので、静岡近辺の映画のお客さんはずいぶん分散しちゃったんだろうな、と思う。

22:52:09 で、『マイマイ新子』を観たのは実はその清水のシネコン。おお、なんだか話がつながった(笑)。因みに、入館記念のエコバッグは妻の分とふたつもらいました。

22:55:56 よし! この勢いで恥を晒せ(笑)! 昔書いた『トトロ』と『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』に関する評論……というかエッセイ。→http://bit.ly/aPw00P

23:01:58 『マイマイ新子』には『マイライフ〜』にはあるけど『トトロ』にはない大人の世界を垣間みる視点とそれ故の痛ましさが描かれていると思う。これは自分が『マイマイ新子』という作品を好きになった理由の中でも大きなものだと思う。

ついったーまたおちた?2010年09月21日 21時51分44秒

ええと。脆弱性になにか悪さされた? 公式からログインするとよくないみたいなのでいったん抜けてます。

ぎしんあんき2010年09月11日 20時29分19秒

(twitterでもつぶやいた内容ですが…)

 9.11の後の趨勢を見るにつけ、『デビルマン』という物語が非常に普遍的であったことが思い知らされる。「デーモンの総攻撃」は1回だけやればよくて、あとはデーモンが表に出てこなくても疑心暗鬼にかられた人間は自滅していくんだよ。

ついったーおちた?2010年08月06日 07時25分52秒

 7時前くらいから落ちてる。
 因みに今朝の瞬間体重(笑)は63.0kg。

さいとこうしん・ほか2010年07月17日 08時10分14秒

 久しぶりに更新してみた。といってもニュージーランド旅行の写真だけだけど(笑)。

http://www.asahi-net.or.jp/~ug5k-tki/

つぶやきりれき2010年07月05日 07時40分07秒

 すっかりblog側が開店休業状態なので、twitterのつぶやき履歴を貼っておきます。

http://meyou.jp/k_takoi

 今週末はオヤジギャグやってました(笑)。主にアリエッティ(笑)。

はやぶさまとめつづき2010年06月14日 07時37分18秒

 まとめの続き。朝から泣いた。

技術者からはやぶさへの手紙。
http://hayabusa.jaxa.jp/message/message_042.html

擬人化マンガ(笑)。
http://drawr.net/show.php?id=1478887

はやぶさびぼうろく2010年06月14日 07時19分17秒

 自分用のはやぶさ備忘録。

有名な「こんなこともあろうかと!」
http://www.youtube.com/watch?v=6kZbeAK-vBE&feature=youtu.be

ustreamのスクリーンショット。これをリアルタイムで見た。
http://twitpic.com/1wgw4s

そのustreamの録画。
http://www.ustream.tv/recorded/7634995

読売の写真
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20100613-OYT9I00808.htm

NASAの写真。
http://jul.2chan.net/dec/b/src/1276438486782.jpg

はやぶさが最後に送ってきた地球の写真。途中で途切れているのが泣かせる。
http://twitpic.com/1wh78q

それにしてもNHKのニュース映像はすごかった。

オカエリナサイ2010年06月13日 23時39分36秒

08:08:33 今朝の瞬間体重(笑)は63.6kg。

08:39:21 ダブルもプリキュアもないので当番の仕事で職場に行ってこよう。

12:15:20 当番の仕事から戻ってきのこ蕎麦をゆでて昼食。デザートにハーゲンダッツも食べて小休止中。

20:16:51 いろいろ肴にビールと赤ワイン。〆にオイルサーディンのパスタ。久しぶりに作ったが美味しかった。

20:29:02 そういえば、夕食前に久しぶりに整体に行ってきた。先週ずっとふくらはぎがつりそうだったので(笑)。

21:04:26 そういえば生協に「食べるラー油」があったので試しに買って冷や奴にかけて食べてみた。けっこう美味しかった。桃屋じゃなくてS&Bだったけど。

22:06:51 風呂上がりぽかぽか。しかし最近、お風呂場の視界がやたら鮮明でちょっと新鮮な驚きを感じている。いや、老眼が進んだせいなんだけど(笑)。

22:57:12 はやぶさが燃えるのが見えた。かなり感動した。

23:05:23 @NHK_PR おかげさまではやぶさのカプセルの火球を見ることができました。ありがとうございました。

23:05:48 @Hayabusa_JAXA おかえりなさい!

23:05:57 RT @Hayabusa_JAXA: みんな、ただいま!!

23:06:55 インターネットの威力をこんなに実感したことはなかったかもしれない……

Powered by meyou.jp <http://meyou.jp>