こんな夢を見た。2020年10月27日 18時40分30秒

こんな夢を見た。
無観客の演奏会のリハーサルに何を思ったか潜りこむ、といっても警備も何もなくするする中まで。ホールの脇、使う予定のないピアノの陰に隠れて一息ついているとソプラノの女性が来て練習を始める。見ていると瞬間移送?で男女がシームレスに入れ替わる趣向。これが無観客とは残念。

こんな夢を見た。
研修旅行で久しぶりの旅館。軽食にラーメンが出て皆食べようとしていると晴れた空にいきなりの稲光。窓の外の庭にすごい幅の稲妻。電光が大きすぎたのか庭の松の木に大きな火花がチラチラ残って葉先に宿る。不意にその火花が飛びたち集まる。鳥の形でヒュンと飛び回る。いい歓迎だ。

こんな夢を見た。
台風一過、所用で外出して戻るとマンションの駐車場の下の土が流されて大穴。停めてあったクルマはどこかに退避させてある。一度階段を上がるが、踊り場から振り返るとさっきまで無事だった自分のクルマの側も被害がある。降りてみると住民が大勢集まって大騒ぎ。これからどうなる?

こんな夢を見た。
目の前に白と黒の切り絵。コマ割りされてマンガになっている。見ていると切り絵がパタパタ切り替わってなんとなく動いている。階段や坂の多い町での子どもたちの日常だ。ある時その切り絵の白かった部分に色紙のような平板な色がついた。なるほど、カラー切り絵が普及し始めたのか。

こんな夢を見た。
なにかの映画の舞台を訪ねる旅。小学校の前にやや深い水路、すぐそばには急な石段と登った先には小さなお寺。訪ねるうち、自分は映画の主人公の男の子になって、その小学校に通いお寺で遊ぶ。そのうち、そのお寺のできた成り立ちの謎を解く。いっしょに旅に来てる妻に後で教えよう。

こんな夢を見た。
宇宙空間。彼方にキラッと光。ナレーションが語る。「相対的結末であった」。え? なんのこと? 相対論的、でも意味わかんないけど。視界には例の木馬みたいな機体。でもパーツがキツい原色でコレジャナイ感…

こんな夢を見た。
襖や障子をぶち抜いた日本家屋でなにかの集まりがあった。その会が終わり次のイベントが別の場所であるらしく人がいなくなる。気がついてみると何故か某小鬼さんと某中野さんと自分の3人だけががらんとした家屋に残っている。某中野さん、次のゲストだったはずだけど間に合うのか?

こんな夢を見た。
夢というか、一度目覚めて寝入ろうとしたら、まぶたの裏にえらくリアルな光景がいくつも浮かんでいる。ひとつひとつが目を覚ましている時に目に映るもののようにリアル。だけど、それぞれの間にモヤモヤした境界みたいなものがある。どれかに入っていくと、次の夢になるのかな?

こんな夢を見た。
テレビのニュースの音が聞こえて目を覚ます。窓の外は明るい。そろそろ起き出そう。…と思って二度寝。また目を覚ますと、今度は音もせず、外もまだ暗い。あれ、と思ってまた寝る…。何回目かに目を覚ました。あ、これが現実か!?

こんな夢を見た。
自分は夢の中にいない。その代わり、ガルパンのダイジェスト映像がえんえん脳内再生されている。二度寝しても同じ状態。三度寝しても同じ状態。自分の頭は、今夜は自分で考えて夢を見せるのを諦めたらしい。たまにはゆっくり休んでください。でも、なぜガルパン!?

こんな夢を見た。
おしりたんていはぼくだ。ぼくがおしりたんていだ。なにかじけんだ。なにかじけんがおこった。いらいだ。かいけつするんだ。
…解決する前に、目が覚めた。

こんな夢を見た。
今の両親を連れて母の実家に行く。久しぶりに見る親戚たちが続々集まってくる。法事?に出かけようというところでその家の伯父が急に倒れたとかで、やおら騒がしくなる。気がつくと歳の離れた従兄たちの顔もある。不意に父が自分の実家に荷物を置きに行きたいという。すごく遠いのに。