2016年11月に読んだ本2016年12月04日 21時14分28秒

 11月は『この世界の片隅に』関連書籍が中心であまり冊数は進まず。原作マンガもひたすら読み返しているので、12月も余波が続きそうかな。

■施川ユウキ『バーナード嬢曰く。』 3巻 (IDコミックス REXコミックス)」一迅社
読了(2016-11-07) ☆☆☆☆

 ド嬢が「本を読んでいる」のが本巻最大の衝撃! 友人関係が続く中で、お互いの関係性が深まっているのが感じられて楽しい。本を読む友だちがいることの楽しさが感じられてマル。

■『「この世界の片隅に」公式アートブック』 宝島社
読了(2016-11-13) ☆☆☆☆

 呉市立美術館で開催されていた展覧会の解説コメントはほぼこのアートブックと内容がリンクしており、実質的にはこの展覧会の図録といえるかと思う。
 この展覧会、『この世界の片隅に』原作の全ページ原画と劇中に登場する品々の現物などがつぶさに確認できる力入りまくりの圧倒的な情報量だったので、その肝の部分が何度でも再確認できるのはうれしい。

■深緑 野分『分かれ道ノストラダムス』 双葉社
読了(2016-11-13) ☆☆☆★

 ノストラダムスの大予言とオウム真理教をモチーフにした一作。同じようなモチーフで世紀末リアルタイムで発表されていた先駆的作品には陽気碑の短編「世界が終わるのを待てない」(『えっちーず』シリーズの中の短編で二つの短編がペアとなっている)があるが、こちらの方がよりサイコで、スペクタクル要素もあり。
 なお、作者のツイートによると、物語の背景となるヒロインのちょっと痛ましい想い出には、作者の実体験もモチーフになっているとの由。
 ちょっと前に読んだ粕谷知世『終わり続ける世界のなかで』はノストラダムスの大予言が当時の少年少女にもたらした(一種の)呪いからの解放の物語であったが、こういったモチーフの作品はこれからもいろいろな作家から出てくるのかもしれない。

■「この世界の片隅に」製作委員会『この世界の片隅に 劇場アニメ絵コンテ集』 双葉社
読了(2016-11-19) ☆☆☆☆☆

 絵コンテには呉の空襲に来たパイロットの名前まで書いてある、とネットで書かれていたので該当のシーンを確認してみたら、ホントに書いてあった。映像ではそこまでは伝わらないが、すずさんたちにとっては脅威でしかない戦闘も人間の営みのひとつ、ということなのかも。あのシチュエーションで円太郎父ちゃんが自分の仕事の成果(紫電改に搭載された2000馬力エンジン)をしみじみと語ることとも通じるのか。
 これは一例で、映像だけでは読み取れない(あえて読み取れなくてもよい)演出意図をじっくり考察することができる、映画『この世界の片隅に』鑑賞の最強のガイドブック。
 惜しむらくは、劇場版準拠で割愛されているシーンもあるようなので、そっちも読んでみたいように思う。

■七月 鏡一・早瀬マサト『幻魔大戦 Rebirth』 4巻 (少年サンデーコミックススペシャル) 小学館
読了(2016-11-26) ☆☆☆★

 表紙のイラストに描かれている通り、前巻ラストからの引きで「神話前夜の章」の世界からルーフとジンが参戦、さらに丈のいない東京で三千子を守るのはミュータント・サブと月影! ウルフガイの設定を引きつつ、敵方の過去のエピソードは『デスハンター/死霊狩り』も思わせる。まさにスーパー平井&石森大戦の様相だが、ここまで風呂敷広げて大丈夫か!?

■西尾 維新『掟上今日子の家計簿』 講談社
読了(2016-11-27) ☆☆☆★

 シリーズの中では定型フォーマットとなりつつある、4人の警部が依頼する事件の解決を今日子さんが行なう形式の定型アンソロジー。このシリーズは、種々のミステリの定型に「忘却探偵」を当てはめた時におこる異化効果を楽しむ趣向といえるだろう。
 ということで、今回も種々の定番トリックを今日子さんにぶつける趣向。叙述トリックの回の謎解きが別のトリックで、別の回のトリックが(結果的に)叙述トリックになっていたりする「外し」がけっこう楽しい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://k-takoi.asablo.jp/blog/2016/12/04/8268156/tb