2016年12月に読んだ本2017年01月08日 07時50分00秒

 blog読んでいただいている方には一目瞭然ですが、『この世界の片隅に』の物語解析にハマってしまい、読書数は少なめ。とはいえ、12月は生まれて初めてのtwitter古本オフ会@神保町 などもできて楽しかったですね。

■麻生 みこと『小路花唄』1巻 (アフタヌーンKC) 講談社
読了(2016-12-17) ☆☆☆☆

 麻生みことのこれまでのところ最高傑作と信じて疑わない『路地恋花』シリーズ(全4巻)のスピンアウト作品がスタート。「路地」から職人商売を始めて独立する店主の多い中古参となってしまった靴職人のヒロインをメインに、本シリーズと同様にオムニバス形式でゆったりと語られる物語がなんともいとおしい。

■森 薫『乙嫁語り』 9巻 (ビームコミックス) KADOKAWA
読了(2016-12-18) ☆☆☆☆

 お互いに不器用な二人がさまざまなハプニングを経て愛を深めていく展開が、個々の「事件」はちっとも色っぽくはないにも関わらず、なかなか胸キュン。森薫ノリノリだなあ。
 それにしても、未だに前巻比で絵の緻密さが増してきている。番外編的な4コマの中の絵までちまちまと緻密に描きこまれていて、森薫のフェティッシュ作画が止まらない。この人はどこまで行くんだ(笑)。

■福田 和代『碧空のカノン: 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート』 (光文社文庫)」 光文社
読了(2016-12-18) ☆☆☆☆

 他の作品はほとんど未読ながら(「本の旅人」の連載を部分的に読んだ程度)、硬派なスパイものとか、そういうイメージで定評のある著者の、まさかの自衛隊ラブコメ。といっても、有川浩の自衛隊ラブコメとは異なり、舞台は航空自衛隊中央音楽隊。これがまた、有川浩に匹敵するラブコメぶりでにまにま(笑)。とはいえ、ストーリーは北村薫ばりの「日常の謎」ミステリとして練り込まれており、いずれもちょっとじんわりする仕掛けもある。秀作。
 ところで、別作品の取材の際に航空自衛隊のリアル「空飛ぶ広報室」の方から「実は音楽隊というのがあるんですが…」と紹介されたのが本作のきっかけだったとか。取材時期からすると、この広報室の中の人、もしかして有川浩の相手したのと同じ人だったりするのだろうか。だとしたら大変なやり手!?

■『この世界の片隅に』製作委員会『この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック』 双葉社
読了(2016-12-28) ☆☆☆☆

 突貫で出版されたためか若干の誤字はあるものの、前半部と後半部に分けたフィルムストーリーとスタッフ、キャスト、原作者等々への充実のインタビュー、その他設定情報、諸々の資料から背景美術や服飾設定などのビジュアル面まで、このコンパクトな本の中にこれでもかと詰め込まれている。ロマンアルバム的なムックはこれまでにも種々買っているが、「情報量」という点ではここまで詰め込まれたものはなかなかない。映画を観て気になるところがある方は、原作とこれを座右に置くべし。

■バリントン・J・ベイリー『時間衝突【新訳版】』 (創元SF文庫) 東京創元社
読了(2016-12-30) ☆☆☆☆★

 内容をほぼ忘れ切っていたので、この作品の驚きを初読と同じく味わえたのは年寄り故の僥倖か(笑)。なるほどこれは、ベイリーがたびたび扱った「時間」テーマの中でも破天荒さ、スケール感、小技的なアイデアの豊富さ、ストーリーのスピード感など、まさにワイドスクリーンバロック。「服飾」というアイデアがやや変化球的だった『カエアンの聖衣』と比べるとSFとしてど真ん中豪速球! これこそまさにベイリー最高傑作といっていいのではないか。
 そして、この時間理論とプリースト『夢幻諸島から』の世界観の共通点に気がつけたのは個人的収穫。いずれも、「世界」にはもともと「時間」はないか、止まっているんだけど、人間の「意識」が「時間」生み出しているのではないか、という点では実はかなり近い世界観かもしれない。ベイリーの場合は「世界」を伝播する「波」の上に知的生命が発生して「時間」を観測しているが、プリーストの場合は世界を「観測」するのが個々の人間である、ということではないか、とか、ちょっと考えたりした。

『この世界の片隅に』次に観る一本2017年01月18日 05時37分46秒

 最近、読書会イベントにたまに参加してみるようになったが、読書会の〆に「次に読む一冊」を語り合うことが多い。もともとはミステリ読書会の方で行われていたものだが、いかにもな作品から意外な作品まで挙がることがあり、読書会をきっかけとした読書ガイド、という(おそらく本来の)位置づけを超えて対象の本への議論がより深まる議論になったりすることもあって、これは面白いなあ、と思っていた。
 ということで、今回はアニメ『この世界の片隅に』の次に観る一本をいろいろな切り口で考えてみたい。あ、タイトル通りの「一本」に収まらないのはご勘弁下さい(笑)。

◼︎『小さいおうち』山田洋次監督作品 2014年
 言わずと知れた直木賞受賞作、中島京子『小さいおうち』の映画化。戦中の時代に家政婦として働いていたヒロインがノートに書き綴った当時の記憶、というコンセプトは共通しており、ヒロインの親戚にあたる現代の大学生が持っている「悲惨だった戦中の時代」という固定観念とは裏腹の、当時の東京中流家庭の普通の日常が描かれる、という作品コンセプトに『この世界の片隅に』との共通点を感じる。
 原作ではヒロインが料理研究家として名を成していて編集者からのオファーで自伝的な覚書を書き始める、という設定があったり、百合的な要素がけっこう色濃かったり、いろいろあるんだけど(原作の手記部分の長さやボリュームが「元家政婦の老婦人」が書くには内容がしっかりしすぎてるので、そこに説得力をもたせるための設定かもしれない)、映画版はシンプルに「一家政婦が見た奥様の秘密の恋」に内容を絞っていて、戦中の市井の人々の日常にフォーカスした本作の映像化としては正解という印象。

◼︎『紙屋悦子の青春』黒木和雄監督作品 2006年
 特攻で出撃することが決まった青年がほのかに想い合っていた女性のもとを訪れる、というシチュエーションから連想されるのは、普通は戦争の悲惨さと悲恋のロマンス、泣ける反戦映画、などではないかと思われるが、それをきれいに裏切ってくれる秀作。
 ここで描かれるのは、戦時下で物も足りないながら、笑いの絶えない普通の人々の日常であり、その一員であったはずの一人があっさり姿を消すことで、逆説的に戦争の理不尽さを実感させる。
 余談としては、ヒロインの原田知世がラストで老婦人になって登場するのだが、どんなに老けメイクをしても原田知世は年齢不詳なのであった。

◼︎『ペコロスの母に会いに行く』森崎東監督作品 2013年
 認知症の母親の介護生活を綴ったエッセイコミックの映画化。舞台が長崎であり、認知症が進んで若い頃の思い出をもう一つの現実として生きる老婦人を通して、姉妹のように育った幼馴染を襲った原爆とその後の運命が浮かび上がる。これもまた、介護や戦争と言ったテーマを日常という切り口でコミカルに描いた秀作。
 老境のヒロインを赤木春恵、若い頃のヒロインを原田貴和子が演じ、姉妹のように育った幼馴染を実の妹である原田知世が演じる。この二人の関係が、『この世界の片隅に』におけるすずさんとすみちゃんのようでもあり、さらには…。

◼︎『となりのトトロ』宮崎駿監督作品 1988年
◼︎『火垂るの墓』高畑勲監督作品 1988年
 片渕監督と関係浅からぬ両監督の、今さら紹介するまでもない代表作。
舞台となった時代の点でも、内容の点でも、『となりのトトロ』と片渕監督の前作『マイマイ新子と千年の魔法』、『火垂るの墓』と『この世界の片隅に』を対応させることは容易にできるが、『この世界の片隅に』はすずさんの描く「ばけもん」に象徴される民俗的、幻想的要素で『となりのトトロ』の要素をも併せ持っているとも解釈できる。
 両作は同時上映であったが、どちらを先に観るかで映画館を出る時の観客の顔が対照的であったとはよく言われることであるが、『この世界の片隅に』を観た観客にはその心配は不要であろう。

◼︎『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』ラッセ・ハルストレム監督作品 1985年
 母親の入院で田舎に預けられた少年イングマルは心細さを感じると「宇宙で死んでしまったあのライカ犬よりはマシだ」と自分を慰めるのだが…。日本では1989年に公開され、当時から広告ポスターなどで『トトロ』と並び称されることもあったスウェーデン映画の秀作。舞台となった時代や子供の日常を描く暖かい視線には確かに共通点を感じた。
(両作の関係性について論じてみたことがあるのでご興味ある向きはご参照ください。→http://www.asahi-net.or.jp/~ug5k-tki/cyberit/others/mylife.html
 片渕監督もかつてtwitterで本作のファンであることをつぶやかれていたことがあったが、前作の『マイマイ新子と千年の魔法』においては母がなく父娘で見知らぬ土地に越してきた貴以子と新子の関係は、原作小説通りではあるものの、イングマルとサガの関係を連想させるところがある。
(こちらについても過去に比較してみたことがある。→http://www.asahi-net.or.jp/~ug5k-tki/cyberit/ps/ps45.html
 さらにいえば、見知らぬ土地に嫁入りしてきたすずさんが内心感じていたであろう孤独感という点では、『この世界の片隅に』にも『マイライフ~』的な要素はあるように思う。イングマルにとっての「犬」とすずさんにとっての「絵を描くこと」も呼応しているといっていいかもしれない。

◼︎『ミツバチのささやき』ビクトル・エリセ監督作品 1973年
 寡作で知られるスペインの映画監督ビクトル・エリセの初長編作品。内戦の傷痕の残るスペインの田舎町で映画『フランケンシュタイン』を観た少女アナが、姉のイサベルの嘘~あの怪物は精霊で呼べば現れる~を信じたことをきっかけに体験する現実と幻想、子供の世界と大人の世界の交錯を描く。
 この作品を挙げることを意外に思われる方もおられるかもしれないが、実はBGM集を聴いていて強く連想したのが『ミツバチのささやき』。そう思ってから改めて映画を観ると、劇伴の曲の雰囲気や映画の中での使い方に共通項があるように思われてきた。
 片渕監督がこの映画のファンであり、前作の『マイマイ新子と千年の魔法』には『ミツバチのささやき』リスペクトな蒸気機関車のシーンがあること、片渕監督が音響監督も兼務していることなどを踏まえるなら、あながち外れていないように思うのだが、どうだろうか。
 もう一点、映画全体を通して観た時、その構造が緊密に組み上がっており、不要なシーンがなく、画面に映っている物の一つ一つに何らかの意味が見出せる、という映画の質感の点でも、共通点があるように思う。
 また、『ミツバチのささやき』は少女アナの通過儀礼を描いた作品であると論じられることが多いと思うが、映画『この世界の片隅に』は、原作よりすずさんの「少女性」を強調することで(原作者のこうの先生はすずさんを年齢なりの「大人の女性」として描いたとのことで、パンフレットなどで、この相違についてコメントされている)、すずさんが大人になる過程を描く通過儀礼テーマを内包する作品として再構成されている。片渕監督の劇場作品『アリーテ姫』『マイマイ新子と千年の魔法』も通過儀礼テーマであることを考えるなら、概ね原作マンガを忠実にアニメ化していながらも、この部分には片渕監督の共通のテーマ性が表現されていると思われる。

◼︎『エル・スール』ビクトル・エリセ監督作品 1983年
 10年に一度しか作品を発表しないといわれていたエリセ監督の第二作。幼い頃からお父さんっ子だったヒロイン、エストレリヤはある日、父親の過去の秘密を知ってしまうのだが…。こちらもまたスペイン内戦の影響が色濃く、やはり通過儀礼テーマの作品でもある。
 本作は、本来は父親の過去を訪ねる南(エル・スール)への旅にヒロインが出発するところで映画が終わるが、実際には旅した南での部分まで撮影はされていたとのこと。ヒロインが旅立つシーンで映画が終わるのは、初見ではやや唐突感はあるものの、南での旅の描写がなくとも緊密な構造でテーマを表現し切った作品になっているあたりはさすがのエリセ監督の職人芸といえよう。
 『この世界の片隅に』においても、原作の膨大なエピソード、情報量を120分では表現し切らず、原作では重要なあるエピソード群を潔いほどばっさりカットしてある。このことが、前述した「すずさんの少女性」を強調する効果ももたらしているため、ファンの中でも、このエピソード込みの完全版?を期待しつつ(実際、30分追加版の制作を視野に入れつつあるとのプロデューサーの意思表示が既に出ている)、とはいえ、現在公開版の緊密な構造やテーマ性が変わってしまうのではないかと危惧する意見も一部あるようである。
 しかし、エリセ作品との共通項、という観点で考えてみた場合、追加されるのは「すずさんが夫の秘密に気づく」ことを軸とするエピソード群であり、これは『エル・スール』におけるヒロインの通過儀礼と近いと言えるように思う。上述した片渕監督の作家性も考えるなら、現行版のテーマ性も継承しつつ、150分版を再構成してもらえるものと期待したい。

北條家のユーカリのこと(『この世界の片隅に』)2017年01月28日 09時58分25秒

 職場に昔からユーカリの樹がある。
 もう30ン年経つ職場に、最初から植えられているので樹齢は40年以上あるかもしれない。けっこうな巨木になっていて、全体に太い幹の部分の樹皮がはがれて木肌がみえている(これはユーカリの特徴のひとつ)。
 いつもは何の気なしに通り過ぎていた。日常の風景の一部で、空気のようなものだった。

 『この世界の片隅に』の映画を観て、北條家の庭のユーカリの姿に、なんだか見覚えがあると思ったのだが、出勤してみて気がついた。高さも枝振りも、ほぼ双子のように似ている。

 さて、そうなってみると原作でも映画でもなにげなしに「蚊遣りに使うてください」といわれるこのユーカリが気になって、ちょっと調べてみた。
(葉の写真入りで紹介しているサイトを見つけたのでご参考まで。http://www.eucalyptus.jp/?a=252

 蚊遣りに効果がある、細長い葉のユーカリは通名「レモンユーカリ」(ユーカリシトリオドラ。学名:Corymbia citriodora)というようである。木の葉がレモンのような香りをすることから、これらの名前がついたということか。
 そして、虫除けに効いている成分はシトロネラールとのことで、このユーカリのレモンっぽい香りの成分そのものでもあるようだ。

 因みに、果実のレモンの香りの主成分はシトラールといい、カタカナにするとちょっと似ているが、これは厳密にはひとつの物質ではなく立体構造が異なるゲラニアールとネラールの混合物である。有機化学的に細かい話をするなら、シトロネラールはゲラニアールやネラールより分子内の二重結合が一つ少なく、シトラールとは別の物質である。とはいえ、構造が似通っているので、香りもちょっと近いニュアンスがある。
(ちょうど質問箱でこれらの構造がわかるのがあったのでご参考まで。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14143574774

 さて、ここでちょっと脱線すると、シトロネラールは山椒にも含まれている。山椒の辛みはサンショオールというまた別の成分によるものだが、山椒のちょっとさわやかな香りにはシトロネラールが寄与しているとされる。
 そう思って、職場のユーカリの葉を摘んできて、指でこすってみると、なるほど、レモンっぽくもあり、山椒っぽくもある。

 映画版では、北條家は築50年くらいという設定のようで、なるほど、桐製と思われる箪笥なども年経て飴色になっている。おそらく、ユーカリの樹齢も家と同程度で、うちの職場のユーカリとも同じくらいなんだろうな、とちょっと思ったのであった。