2018年4月に読んだ本2018年05月01日 20時49分09秒

 4月は出張とかは少なかったものの、なんだかんだとばたばたしてて、引き続き活字系はちょっと少なし。
 とはいえ、名古屋SF読書会の課題図書『地球の長い午後』はきっちり読んで、自主レジュメ(4ページ)もなんとか作って参加してきました。今回も楽しかった。

4月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:2540
ナイス数:79

百年泥 第158回芥川賞受賞■百年泥 第158回芥川賞受賞感想
☆☆☆★
インドで百年に一度の洪水による泥の中から人の記憶が掘り出され、昔と今、自分と他人の境が曖昧になっていく。先に読んだ妻が「須藤真澄っぽい」と言っていたが、なるほど! そう思うと、須藤真澄のねちっこいペンタッチのキャラで脳内映像が浮かび、消えなくなった(笑)。
読了日:04月07日 著者:石井 遊佳


幻魔大戦 Rebirth 7 (少年サンデーコミックススペシャル)■幻魔大戦 Rebirth 7 (少年サンデーコミックススペシャル)感想
☆☆☆
時空の果てでクローン体がたくさん出てくるのは作者違いだけど『ゲッターロボアーク』をちょっと連想した。あと、ちょっとマンガ版『仮面ライダーBlack』の雰囲気もあり。
読了日:04月07日 著者:七月鏡一


ママレード・ボーイ little 6 (マーガレットコミックス)■ママレード・ボーイ little 6 (マーガレットコミックス)感想
☆☆☆★
ついたり離れたり、いくらでも泥沼展開にできそうな恋愛関係をあっけらかんとかわいらしく描く。新登場の後輩の女の子の立ち位置が江國香織『綿菓子』っぽくて胸キュン。
読了日:04月08日 著者:吉住 渉


わたしの名前は「本」■わたしの名前は「本」感想
☆☆☆★
粘土板、パピルスから活字の発明、印刷機の産業革命を経て、電子書籍までの歴史を「本」自身が振り返るという本好きを狙い撃ちにする趣向。楽しかった。
読了日:04月13日 著者:ジョン・アガード


ジェインのもうふ―アメリカのどうわ■ジェインのもうふ―アメリカのどうわ感想
☆☆☆★
近所の歯医者さんで待ち時間に。なんと『セールスマンの死』の作者の初めての絵本とか。白黒でざっくり描かれたちょっとリアル系の絵に、もうふだけが色がついている演出がいい。
読了日:04月14日 著者:アーサー=ミラー


超動く家にて 宮内悠介短編集 (創元日本SF叢書)■超動く家にて 宮内悠介短編集 (創元日本SF叢書)感想
☆☆☆☆
大喜利ネタのようなアイデアもとにどこまでできるか、という実験作。(いちおうバカバカしいだけの話もあるが)それぞれに、なぜか不思議な感動や詩情が生まれてしまっているのがこの作者の本質なのかもしれない。なるほど、『あとは野となれ大和撫子』を書いてしまう人だけのことはある。
読了日:04月15日 著者:宮内 悠介


くらべる世界■くらべる世界感想
☆☆☆★
世界各国の同じようなものを見開きで比べる写真、めくるとその簡単な解説と小コラム。目で見る比較文化論。ぱらぱらめくるだけでも楽しい。
読了日:04月18日 著者:山出 高士,おかべ たかし


たけくらべ■たけくらべ感想
☆☆☆★
千明初美最新作は大人の教育マンガ!?
まず、台詞などを原典準拠の文語としたマンガ版、次に、そのマンガ版への現代語訳と注釈、最後にルビ入りのオリジナル版という構成で「たけくらべ」を読み進めるという趣向。ストーリーが視覚化された後なら、高校レベルの文語の素養でもわりとすんなり原典を読める。
そして、もともとの物語が現代でいえば少女マンガ的なので、ちょっと懐かしい絵柄でのマンガ化はなかなかいい感じ。
読了日:04月20日 著者:樋口 一葉


ホッキョクグマ■ホッキョクグマ感想
☆☆☆★
図書館の新着コーナーにて。ホッキョクグマの生態を細かいところまで、わかりやすく紹介している。あと、冒頭で絵本を手にとってホッキョクグマの世界に没入する女の子は読者代表かな。
読了日:04月21日 著者:ジェニ・デズモンド


地球の長い午後 (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)■地球の長い午後 (1977年) (ハヤカワ文庫―SF)感想
☆☆☆★
高校の時に読んで以来、30ン年ぶりの再読。ほとんど忘却していたので新鮮に楽しめた。
読了日:04月26日 著者:ブライアン・W.オールディス


【初回限定版】 step ― Eguchi Hisashi Illustration Book ―■【初回限定版】 step ― Eguchi Hisashi Illustration Book ―感想
☆☆☆☆★
還暦を過ぎた江口寿史のイラスト集。控えめに言って最高。画風に対する実験は今でも続いていて、自在の境地。
読了日:04月27日 著者:江口寿史


魔法の国の旅人 (ハヤカワ文庫 FT (47))■魔法の国の旅人 (ハヤカワ文庫 FT (47))感想
☆☆☆☆★
ダンセイニのジョーキンズものの短編集。これはセレクションも軽妙洒脱な訳文もいい。でも、この当時は続刊は出なかったのね。
読了日:04月30日 著者:ロード・ダンセイニ


よつばと!(14) (電撃コミックス)■よつばと!(14) (電撃コミックス)感想
☆☆☆☆★
前のジュラルミンの手術の時もそうだったけど、けっこうハンドメイド趣味のあさぎがよつばの相手を真剣にしてくれるのが楽しい。そして、作中に描かれる世界が一気に広がり、今後、さらに広がっていく予感で終わる。次は何年後(笑)?
読了日:04月30日 著者:あずま きよひこ

読書メーター

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://k-takoi.asablo.jp/blog/2018/05/01/8839493/tb