2016年3月に読んだ本2016年04月07日 07時39分33秒

 なんかマンガとSFの新訳版、新編集版のラッシュでうれしい悲鳴。ヴァーリィもコードウェイナー・スミスも買ってはいるけど、読むのが追いつかない感じ。あと、3月はフォローしているマンガの新刊も多くてこちらもうれしい悲鳴。

■成田美名子『花よりも花の如く』13巻 白泉社花とゆめコミックス
 「おつきあい」が始まるまでの緊張感がなくなったためか、ちょっとした行き違いで気まずくなったりする二人を淡々と描く。なんというか、さほどドラマチックでもない「普通の恋愛」を丹念に追跡するという点ではなかなかこういうマンガはないように思う。

■ジーン・ウルフ『ウィザードⅡ』 国書刊行会
 月をまたいで読了。
 シリーズ全体として非常にリーダビリティは高く、怒涛の展開の連続するファンタジーとして読めつつも、説明つきそうでつかない謎の散りばめ方は流石のウルフ品質。
 とはいえ、そこを気にしなければ(?)、ちょっとダークなナルニア風ファンタジーとしても普通に楽しめるのではないか。さらっと軽く読む人から、徹底的に解読したい人まで、読者への門戸は意外と広く開かれている作りかもしれない。

■北村薫『野球の国のアリス』 講談社文庫
 こちらの世界ではもうすぐ野球が出来なくなってしまうヒロインが、鏡の向こうの世界で思う存分野球をする、というプロットもストーリーもシンプルながら、じんわりと心があたたかくなる物語。
 少年野球にうちこむ女子をめぐる物語、という点では北村薫版『天使とダイヤモンド』、というといささか語弊はあるかもしれないけど、野球がしたくてもできない/できなくなってしまう女の子の物語、という点では好対照のように思う。

■吾妻ひでお『ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド』 復刊ドットコム
 発売当時買ったまま積んでしまっていたので、続刊が出た機会にまとめ読み。
 単なるコミックス未収録作品集ではなく、分類と収録順に明確な「編集」意図が反映されていて、『編者である「漫画の手帖」の佐野氏の手による「吾妻ひでお」という作品』として成立していると思う。未収録作そのものの価値も含め、1冊で二度美味しいアンソロジー。
 あと、これを買った時、復刊ドットコムの抽選に当たってしまい、手元にあるのは直筆サイン本!

■吾妻ひでお『ワンダー・AZUMA HIDEO・ランド2』 復刊ドットコム
 流石に前巻ほどのコンセプトアンソロジーとしての完成度はないものの、今まで読んだことのなかった作品が多く、なかなかに興味深い。初期の作品でも、時折ペンタッチが冴えているものがあるのが才能の片鱗か。

■『長門有希ちゃんの消失アニメーションワークス』上巻・下巻 メディアバル
 ひっそり制作されていた感じのアニメ『長門有希ちゃんの消失』、伊藤郁子さんのジャケットのためだけに敢えてDVD版を購入したが、もどかしいラブコメとしてはそこそこの仕上がりだったかと思う。
 この原画集で見る限り、残念ながら質の高い原画がアニメ本編に生かし切れていなかった感じがちょっとする。逆に言うと、この原画集はまさに眼福もの。細かい表情や動きにかかわる原画マンの気配りがよく伝わってくる。

■七月鏡一・早瀬マサト『幻魔大戦Rebirth』3巻 小学館少年サンデーコミックススペシャル
 WEBで連載中の『幻魔大戦』正統続編の3巻。オリジナル幻魔大戦のラストで一緒に月を見ていた仲間をきちんと拾い、平井和正の小説版のキャラクターにも目配りを。特に本巻はスーパー石森大戦っぽい展開で盛り上がるが、個人的にはお時とベアトリスの簪に目頭が熱くなった。

■マイクル・コーニイ『ブロントメク!』 河出文庫
 サンリオ版を読んだのは大学1年の冬で、面白かった、という以上の記憶が残っていなかったので新鮮に楽しめた。
 物語そのものの面白さ、大森センセの新訳文の軽妙洒脱さも楽しめたが、個人的には河出版『ハローサマー〜』二部作を読んで思いついたコーニイ=手塚治虫説がさらに補強された感じ。脳内再生の絵柄は『火の鳥』未来編〜復活編あたりの画風で。

■那州雪絵『魔法使いの娘ニ非ズ』6巻 新書館ウィングスコミックス
 今回は今後の展開に向けての設定編?はほぼなく、和製ホラーアンソロジーの趣。そんな中、主人公カップルそれぞれの幼年期や若年期のエピソードもあり。

■梶尾真治『クロノス・ジョウンターの伝説』 徳間文庫
 もはやキャラメルボックスの定番シリーズとなった感のある『クロノス』シリーズ、以前『クロノス』再演版の際に出版された合本版のキャラメルボックスオリジナルカバー版(劇で使われたクロノス・ジョウンターの写真入り)を、今回、『きみがいた時間 ぼくのいく時間』+新作を観劇するついでに往復の車中で一気読み。
 合本版はこれまでに書かれた全作品を収録してあるのだが、この合本版にする過程で各短編の関連性を細かく加筆修正されており、ちょっとしたタペストリ的な味わいも付加されている。
 あと、今回の劇がクロノス・スパイラルを題材にした作品だったので、それに合わせて今度はクロノス・スパイラルの写真入りのオリジナルカバー版が出ていたので、内容は同じだけど買っちゃいました(笑)。

マルチタイム・ワールド(歴史逆転世界の『双生児』)2016年04月08日 03時48分30秒

 ちょっと間が空いた『双生児』解析シリーズ、実はまだネタがありました(笑)。たぶんこれが最終回!?
 なお、今回、『双生児』だけでなく、過去のプリースト作品のネタバレ満載なので、未読の方にはオススメしません(汗)。

◼︎地球の人
 日本版オリジナル短編集『限りなき夏』にプリーストが寄せた序文の中で、初期短編「リアルタイム・ワールド」について、このように語られている。

<以下引用>
 「リアルタイム・ワールド」は、初期に書いたたもののひとつだが、わたしの作品に不可欠なテーマが驚くほど含まれており、そのテーマはそれ以降の長篇の中で頻繁に現れている。

 「不可欠」とか「頻繁に」とか、ちょっと言い過ぎなんじゃないの? と思われる方もいるかもしれない。その「リアルタイム・ワールド」は月面の実験基地という閉鎖環境に置かれた隊員たちに与える「情報」をコントロールすることで、隊員たちの「現実」が変容してしまう、というアイデア短編である。真実を知っている主人公には月面の重力下でゆっくり落ちるように見える鉄のレバーが、「自分たちは地球にいる」という「現実」を知覚してしまっている他の隊員からは普通の1Gの重力下で普通に落ちているようにしか見えない、という二重の「現実」が描かれる。
 このアイデアを発展させたものが長編『逆転世界』であることは容易に理解できるだろう。常にレールで移動しなくてはならない地球市の住民たちは反比例グラフを回転させたような「逆転世界」を「現実」として知覚しているが、実は彼らは普通の地球の上にいた、ということが明らかとなる。地球市という集団がそのような「逆転世界」に自分たちがいる、という「情報」を集団の中で共有することで知覚される「現実」そのものが変容していた訳だが、「リアルタイム・ワールド」では地球と月ということでまだしも同じ宇宙には属しているが、『逆転世界』はよりグレードアップして世界そのものがひっくり返っており、同じ宇宙とは思えないほどである。
 とはいえ、他のプリースト作品と「リアルタイム・ワールド」の関係性はどこにあるのだろうか。その鍵は「情報」による「現実」の変容であろう。これら2作では「情報」が「現実」を変容させるためにはそれがある程度のマスの集団に共有されることがトリガーとなっているような描かれ方をしているが、これが個人個人で起っているのが、『魔法』以後のプリースト作品ではなかろうか。「記憶喪失」というシチュエーションが繰り返し登場するのは、当人がそれまで知覚していた「現実」をリセットし、取り戻していく「記憶」という形で「現実」を知覚するための「情報」をコントロールし、「現実」そのものをコントロールしている、と考えることができるだろう。

◼︎歴史逆転世界
 これまでの解析は『双生児』の物語構造を改変歴史SF、タイムスリップSF、並行世界SFなど、SFの定番的な構造に切り分けることで、物語に仕組まれた複雑なトリックを顕在化させることを主眼としてきた。
 しかし、この『双生児』もまたプリーストの作品であり、既に述べてきたように、本作においても「記憶」が「現実」を変容させていることがうかがい知れる。
 なにしろ、同じ地球の上に「逆転世界」を「現実」として知覚している人がいてもいいのがプリーストワールドである。そうであるなら、同じ地球の上に歴史が逆転した世界があっても何の不思議もないのではなかろうか。つまり『双生児』における世界は、分岐により逆転してしまった歴史が共存する「歴史逆転世界」であり、多世界解釈の世界すらもすべて共存し得る「マルチタイム・ワールド」と解釈できるのではないか。
 そうなると、先に解釈したジャックやアンジェラの並行世界に関する能力も、異次元を移動するほど大げさなものではなく、自らの現実認識をスイッチすることで、同時存在している任意の並行世界を「知覚」できる、という能力なのかもしれない。

■J・L・ソウヤーの分裂(セパレーション)
 そのようにして、アンジェラが任意の並行世界を「知覚」できるとするなら、自分が生まれていなかった世界をも「知覚」でき、スチュワートと会うこともできるだろう。一方、ただひとつの「現実(スチュワートの世界)」を生きているスチュワートの側は、その世界に存在し得ないアンジェラを(アンジェラの側からの干渉なしには)「知覚」出来ない。
 さて、同じ母親、ビルギットから、同じ誕生日に生まれたアンジェラとスチュワートが世界をまたいだ双生児なのではないか、という指摘は大森解説でも提示されている。しかし、そこまで考えるなら、その世界をまたいだ双生児はこの二人だけなのだろうか、という疑問も生じうる。
 即ち、ジョーとジャックもまた、単なる一卵性双生児ではなく、実は「J・L・ソウヤー」という同一人物と考えることはできないだろうか。
 この場合、例えば(これまでの考察から推論すると)ジャックが(本人は気付いていないが)並行世界を認識できる能力を持っていたとして、その能力が常に働いており、生まれてから死ぬまでの間、並行世界のもう一人の自分を「知覚」し続けているのだが、自らの特殊能力に無自覚なために、その「もう一人の自分」を一般的な常識に照らして「一卵性双生児」と認識していた、という解釈はあり得るかもしれない。
 そう考えるなら、チャーチルの言葉とされる「英国空軍爆撃機の操縦士でありながら、同時に良心的兵役拒否者だったJ・L・ソウヤー」という人物の存在についての「どうしてそのようなことが可能なのか」という疑問に対して、この解釈はひとつの解答を提示しているのではないかと思う。
 逆に考えれば、第一部において上記の「チャーチルの疑問」を提示してあること、および原題である「セパレーション(分裂)」は、この『双生児』の世界構造を解き明かすための最大のヒントだったのかもしれない。