2015年11月に読んだ本2015年12月05日 13時21分18秒

 今月はやや少なめだけど、謎の温泉読書会のためにプリースト『双生児』の読解も並行していたので、こんなものかな。あと、今年のチャレンジだった上橋菜穂子マラソンを概ね完走。

■ジーン・ウルフ『ピース』 国書刊行会
 既に死んでいるらしい主人公が、やはり死者と思われる旧知の人物たちと対話する中から、入れ子的に語られる謎めいた物語。主人公が過去に暮らした全ての部屋に通じる回廊から、生涯における様々なエピソードが語られるが、語られない部分で何があったのか、そもそも語られている内容が事実なのか、あるいは、断片的に挿入される医者の心理テストから誘導された「物語」なのか、あらゆることが判然としない。
 読後にいろいろ連想していて、この物語世界が一種の「地獄巡り」と解釈するならば、ティプトリー「煙は永遠に」、ベスター「地獄は永遠に」などに連なる作品なのかも、と、ちょっと思った。

■上橋菜穂子『獣の奏者III 探求編』 講談社
■上橋菜穂子『獣の奏者IV 完結編』 講談社
 前二部作の後の時代、過去のカタストロフの後、封印されていた王獣と闘蛇の交配、育成技術が徐々に(再)開発されていく。
 物語の前半で純粋な知識欲、知ることの喜びを描写することができた前二部作と比べると、最初から「技術」の負の側面を意識せざるを得ない点で、やや物語のトーンが単調に感じるのは致し方なしか。
 自分がこれまで読んできたもろもろの作品と比べてみた時、封印されたロストテクノロジーを巡るヒロインの物語、という点では、マンガであり、本作とは異なり「魔法」が全面に出た作品となるが、堤抄子『聖戦記エルナサーガ』あたりとも近しいジャンルとは言えるかもしれない。

■レオ・ペルッツ『聖ペテロの雪』 国書刊行会
 病院で目覚めた主人公の記憶の中で繰り広げられる、神聖ローマ帝国再興を夢見る謎の男爵の企みとその顛末記。一方、その記憶は現実だったのか、夢想だったのか?
 ミステリとしてもSFとしても読め、夢と現実が錯綜する重層構造の物語の面白さと、解釈の多様性からくる余韻もさることながら、1930年代執筆のアイデアが古びていないどころか予見性まで備えていた点にも驚き。

■上橋菜穂子『獣の奏者 外伝 刹那』 講談社
 最初の二部作と後半二部作の間をつなぐ外伝2編+α。『守り人』の外伝で語られたレベルまでの重いテーマ性はなく、本編をキャラクター小説として読んでいた読者へのサービス的な側面の方が強いのかな、という印象。

■あずまきよひこ『よつばと!』13巻 KADOKAWA電撃コミックス
 もう出ないかも、と思っていたけど、待っててよかった(笑)。今回は謎の存在だったばーちゃん、とーとつに登場。そしてさりげなくとーちゃんの名前も明らかに(笑)。ばーちゃんがよつばを自然体であしらいつつほどよく教育しているのが楽しい。

高い城の双生児(『双生児』の物語構造について)2015年12月09日 08時00分05秒

 謎の温泉読書会のためにプリースト『双生児』を精読した結果、見えてきたポイントがいくつかあるので備忘録的に。
 基本的にはネタバレなので、『双生児』未読の方はご注意を。

 まず、第一部から第五部までが属する世界を識別するための最低限の情報を列挙してみる。

■共通の出来事
・ジャックとジョー、ベルリン五輪で銅メダル。
・ジャックだけが祝賀会に出席。ルドルフ・ヘスと対面。
・二人でビルギットを脱出させる。
・ビルギット、ジョーと結婚。
・ジャック→軍へ。ジョー→赤十字へ。
・1940年5月。ジョー、暴行を受ける。
・ジョー。ロンドンで赤十字の活動。
・1940年8月。ジャック、ビルギットを訪ね始める。

■第一部・第三部・第四部=スチュワート・グラットンの世界
(第五部の一部を構成する歴史書、資料の一部を含む)
・ジャックの爆撃機の生存者はサム・レヴィのみ。
→1941年5月ジャック死亡。
・ジャックの爆撃機から目撃されたMe-110は十二時の方向(撃墜)と三時の方向(北へ)。
→ストックホルムにルドルフ・ヘス到着。
・英独戦争は1941年5月に講和成立。
・ジョーは英国国外の講和交渉の現場で2回だけ目撃されている。
・ユダヤ人はマダガスカルへ移住。

■第二部=ジャック・L・ソウヤーの世界
・アンジェラ・チッパートンが持参した「父親の手記」。
・1940年11月にジョー死亡の報。
・ジャックの爆撃機の生存者はジャックとサム・レヴィ。
・ジャックの爆撃機から目撃されたMe-110は三時の方向(撃墜)と九時の方向。
→英国にルドルフ・ヘス(影武者)到着。
・英独戦争は1941年5月に講和成立せず。
 その後の戦争・歴史の進行は読者の知る通り。

■第五部=ジョー・L・ソウヤーの世界A
・サム・レヴィが収集した資料。
・「ジョーの自筆日記」等(ジュネーブ所蔵)。
・1940年11月にジョー死亡?
(アリシア・ウッドハーストの書簡より)

■第五部=ジョー・L・ソウヤーの世界B
・サム・レヴィが収集した資料。
・「ジョーの自筆ノート」等(マンチェスター所蔵)。
・ストックホルムにルドルフ・ヘス到着。
・ジャックの爆撃機の生存者はジャックともう1名(サム・レヴィ?)。
・英独戦争は1941年5月に講和成立。

■歴史改変のポイント
・ストックホルムでの英独の講和交渉の成立/不成立によってその後の歴史が分岐している。
・交渉の成否を決定づけるのは1941年5月10日にルドルフ・ヘスが交渉現場に到着できたか否か、であると思われる。
 ヘスは複数のMe-110を準備し、影武者も用意しているが、本人と影武者のどちらのMe-110が生き残るかはランダム?
 本人が生きてストックホルムにたどり着いた世界では講和が成立する。
・歴史改変に対するジョーの存在の影響としては、「和平交渉に乗り気でなかったチャーチルの説得」が挙げられる。
 ただし、文庫解説の指摘にもあるように、ジョーの理想(妄想?)がすんなり達成されすぎるこのポイントの真偽には疑問も残る。ジョーの在/不在にかかわらず、ストックホルムの交渉が進められていたと考えることもできる。
・ジャックに至っては、その生死が歴史の改変にかかわる要因はない。

■物語の構造解析
・『双生児』を改変歴史ジャンルの古典『高い城の男』になぞらえるなら、外枠となっている世界は「読者の世界と異なる改変歴史」(スチュワートの世界)で、「読者の世界と共通の歴史」に属する「ジャックの手記」は『高い城の男』の世界における『蝗身重く横たわる』に相当する、というのがもっともシンプルな読み方かと思う。

・一方、一見同じ「読者の世界と異なる改変歴史」に属すると思われる「スチュワートの世界」「ジョーの自筆日記」「ジョーの自筆ノート」の内容に齟齬があるため、外枠であるべき世界も(プリーストらしく)揺らいでいる、というのが、もう一つの読み方になるかと思う。

・しかし、ジョーの物語を前半と後半に切り分けてみると、実はジュネーブに所蔵されている(赤十字の収集資料?)「ジョーの自筆日記」の内容は、実はほとんどがどちらの歴史世界でも共通して起こっている事象で構成されていることがわかる。

・時系列的に「ジョーの自筆ノート」に移行する手前にビルギットの「ジョーが生きていた」という手紙とアリシアの「ジョーが死んだ(ことをほのめかす)」手紙が挟まることで撹乱されているきらいはあるが、ここでジョーが死んでいると解釈した場合、ここまでは「スチュワートの世界」に属していても大きな矛盾は生じない。

・ジュネーブの資料による「ジョーの世界A」までが「スチュワートの世界」と地続き、と解釈するなら、その世界においてはジャックもジョーも公式には死んでいる。
 『双生児』において、外枠を設定するとするなら、これが最も確からしいのではないか、と推察される。

・それでは、残る「ジョーの世界B」は何か? 講和交渉の過程が「スチュワートの世界」と重なる点があるため、その点には解釈の自由度は残るが、この「ジョーの世界B」ではジョー本人もさることながら、ジャックも生き残っていることになっている。つまり、この世界は「スチュワートの世界」とはつながってはいないことになる。

・「ジョーの世界B」を記述している「ジョーの自筆ノート」の講和交渉の経過が事実だとすれば、赤十字の重要資料のはずであるが、これがジュネーブではなく、マンチェスターにあった、という点、また、その内容があまりにも虚妄入り乱れるものである点を考えると、これは、この世界におけるもう一つの『蝗身重く横たわる』に相当する文書と考えられないだろうか。

・ここで、第五部を構成する文書、資料は「スチュワートの世界」のサム・レヴィがインターネットで収集しており、それを(親切にも?)時系列に並べてある、という点に注意しよう。
 その中には、第一部にも書名が登場している「スチュワートの世界」で広く読まれている歴史研究書籍も複数登場する。これらの記述内容は「スチュワートの世界」に属していると解釈してよいと思われる。
 読者がこの時系列の物語を『ひとまとまりの「ジョーの世界」』として、ジョーの視点から読めるように構成されている点がトリックであり、実はその中にもう一つの「偽書」? 〜一見「スチュワートの世界」の歴史につながるようでいて、実はもう一つの改変歴史かもしれない〜が内包されている、と解釈できるのではないか。

■構造解析を逸脱したポイントについて
・こうして解析してみると、『双生児』の全体に破綻しまくった物語の中でも、基本構造は意外と用意周到に組み上げられているように思われる。
・一方で、さらに意図的に解釈の自由度というか、破綻を仕組んだポイントを散りばめることで、プリーストらしいどこにも着地しない小説が仕上がっている。
 これらのポイントも、他の作品(『魔法』や『夢幻諸島から』など)と共通するプリーストの基本テーマや創作姿勢で解釈できるように考えているが、今回は以下に列挙するにとどめておく。

・冒頭で「スチュワートの世界」と「アンジェラ・チッパートンの世界」が交錯して「ジャックの手記」がもたらされるのはなぜか?
・アンジェラは「旧姓ソウヤー」と名乗るが、持参された手記の中ではビルギットは早々にハリーと再婚しており、手記に登場する娘はアンジェラ・グラットンなのでは?
・アンジェラの言葉を信用するなら、ジャックはスチュワートの著書を読んでいる?
・「ジャックの手記」の中に複数回出てくる爆撃機内の描写が毎回微妙に違っているのはなぜか?
・ジャックを転院させる救急車に唐突にケン・ウィルスン(第五部ではジョーを移送していた隊員)が同乗しているのはなぜか?
・「スチュワートの世界」において、講和交渉の現場でのみジョーが目撃されており、書類へのサイン、記念写真まで残っているのはなぜか?

クロノス・ジョーの伝説 もしくはジョー・L・ソウヤーの軌跡(時間SFとしての『双生児』)2015年12月20日 09時40分31秒

 前回は『双生児』を「歴史改変SF」として読む場合の構造を解析してみた。
 一般に「歴史改変SF」は現実の(読者にとっての)歴史と異なる世界を描き、その落差を読ませることを主眼としており、その面白さは、何を歴史改変のキーにしたか、その結果、どういう世界が出来上がったか、というあたりが物語の肝となる。
 その例として最も魅力的なのはキース・ロバーツ『パヴァーヌ』あたりではないかと思うが、前回例に挙げた『高い城の男』なども、基本的な物語は「改変された側の世界」でのみ進行する。
 『双生児』の場合は読者の知る歴史に準じたジャックの世界の記述が多いため、一見、二つの歴史が並行して語られていると読めるが、そういった構成の歴史改変SFも過去にあり、例えば、広瀬正『エロス』は分岐した世界を一章ごとに交互に語るという構成である。
 とはいったものの、これまでの歴史改変SFの特徴としては、改変された世界同士は基本的には分岐した並行世界であり、直接的、物理的には交錯しない、という特徴はあるように思う。『双生児』を歴史改変SFとして解析した時に、その解析から外れてしまうポイントというのは、交わらないはずの並行世界の交錯を示唆している部分、と、考えることができる。
 それらの要素が成立するためのロジックをいろいろ考えてみると、これまたいくつかのロジックが浮かび上がってくるのだが、その中でも、ウェイトの大きいものとしては、「時間SF」としての要素ではないかと思う。「歴史改変SF」も広義には「時間SF」のサブジャンルだとは思うが、ここでは、タイムトラベル、タイムスリップを行なう登場人物をキーとするものを狭義の「時間SF」としておく。
 『双生児』においてはジョーが、本人の主観においては頻繁にタイムスリップを行なっているが、このタイムスリップが、単なる主観の妄想ではなく、世界に痕跡を残しているように見受けられる。

◼︎ジョー・L・ソウヤーの軌跡
 ということで、第五部で語られるジョーの物語をタイムスリップ描写込みで追跡してみる。

・1940年4月
 ビルギットがグラットン夫人とハリーの助力を得ている。
 ジャックの夢?をみて電話してみるが本人に繋がらず。

・1940年5月
 赤十字に。アリシアが上司となる。
 ジョー、暴行を受ける。

・1940年6-8月
 赤十字の活動でロンドンへ。
 8/15帰宅時に自宅でジャックの制帽を発見。

・1940年11月(A:確実な一点)
 ジョー、空襲に遭い1週間行方不明後発見。
 フィリーダとケンにより救急車で搬送。

→列車で自宅に戻る。
 ジャックと出会いAに戻る。

A→救急車で自宅に戻る。
 ビルギット妊娠2ヶ月。(B)

→制服を発見。
 ジャックと出会いBに戻る。

B→赤十字のメンバー飛行機に搭乗。(C)
 パイロットがジャックでCに戻る。

C→リスボンに到着。
 和平交渉進行中。
 ルドルフ・ヘスと対話。

・1941年4月
 ジョー自宅に戻る。
 ビルギットはグラットン夫人とハリーの世話を受けている。
 爆撃機が来る。(D)
 マンチェスターに爆撃あり。ハリーと会話。Dに戻る。

D→マンチェスターに爆撃なし。
 ビルギットと不和。
 リンカーンシャーへ。(E)
 バーナムでジャックと会う。Eに戻る。

E→ジャックと会いまたEに戻る。

E→ジャックに会いに行かないことを選択。
 赤十字メンバーとともにチャーチルに会う。
 会議でチャーチルを説得する。
 ジョー、精神科医の診察を受ける。
 ストックホルムへ。
 ヘスと対話し、側近となる誘いを受ける。
 チャーチルが到着し、和平交渉団の写真撮影あり。
 チャーチルと対話。ベルリン駐在の誘いを受ける。
 ジャックの爆撃機墜落。ジャックともう一人生存の報あり。
 帰国して自宅へ。スチュワート誕生している。
 泥酔してジャックの幻? Aに戻る。

◼︎時をかけるジョー!?
 ジョーのタイムスリップ能力は精神的危機?に遭遇した際に、セーブポイントと呼ぶべき1点に戻ってやり直す、というもので、複数回の体験を経て、ある程度自分でコントロールできるようになった後、決定的な一点に戻って物語が終わる、という点では『時をかける少女』的な推移を経ているとも言える。(とはいえ、そこまでコントロールしていたタイムスリップが誘発されるのを、最後は敢えて自ら選択している感じなのが、自暴自棄っぽく感じるが)
 作中の描写からすると、この能力が発現すると、ジョーは時間線を肉体ごと移動しているようにみうけられる。即ち、ジョーが時間遡行してしまうと、その世界からはジョーは姿を消している、ということになるかと思う。
 タイムスリップ体験記となっている「ジョーの自筆ノート」はジョーが「確実な一点(A)」に戻ったところで終わっており、筆者のジョーもそれ以上続きがない(書くつもりがない?)ことを暗示している。これはどう解釈できるのか?
 前回、物語構造解析で、外枠に当たる「スチュワートの世界」ではジョーは公式記録上、このAの時点で死亡しているという可能性を指摘したが、死んでしまっては手記を書くこともできない。
 つまり、「自筆ノート」筆者のジョーは、複数回のタイムスリップを経験し、和平交渉成立後にAに戻った後、死亡もしなかったが、もう一度和平成立の時間軸への接触は行わなかったのではないか?
 和平交渉成立の時間軸上、過去に遡行してしまったジョーは物理的に行方不明だろうし、あるいは、そのように姿を消した人物の存在に関して、世界の側に一種の修正作用が働き、その人物が最初からいなかったことになっているのかもしれない。
 前回も「ジョーの世界」は「スチュワートの世界」と違っている可能性を指摘したが、「自筆ノート」を書き終えた後のジョーの世界はどちらの歴史に向かったのか? ジョーがその後、和平交渉に関わる選択をしなかったとして、その世界はどうなるだろう。
 もし、彼がノートに記したチャーチルの説得が和平成立の必須要因の一つだとすると、そのアクションを行わなかったジョーは、和平が成立しなかった世界、つまり、読者の知る歴史の世界を実は生き延びていったのかもしれない。

空襲は永遠に(「地獄めぐり」としての『双生児』)2015年12月26日 09時52分19秒

 気がつくとほとんど週刊状態のプリースト『双生児』解析シリーズ。読んでない方にはわけのわからない話ですみません。

■「記憶」と「記録」
 通常の歴史改変SFは「歴史改変のポイント」で読者の知る歴史と別の出来事が起こり、そこから「風が吹けば桶屋がもうかる」式に変わってしまった歴史を経た世界が描かれる。
 『双生児』(特に第五部)においては、その「ポイント」が一見「チャーチルの停戦決定」であるかのように描かれている。
 物語の外枠にあたる「スチュワートの世界」においては、既存の歴史研究で「ジョー・L・ソウヤー」は以下のような存在とされてきた。

・チャーチルの停戦決定の過程に関与した(らしい)。
・和平交渉に参加、署名と写真を確認できる。
・目撃例は赤十字活動で英国国外で2回のみ。
・和平成立後の消息は不明。

 ジョーの存在は、文書や写真等の「記録」にのみ残るものの、それ以外はきれいにその存在が消失しているようである。

 この世界では、サム・レヴィの書簡からジャックは爆撃機の墜落で死んで、同乗者の中ではサムのみが生き残っている。
 ジャックについては死んだ後も、まだしもサムの「記憶」には残っているようだが、ジョーについては、どうやら誰の「記憶」にも残っていないのではないか?
 とりわけ、ジョーの息子であるはずのスチュワートが実父と思われる人物について、実母(ビルギット)や周辺の人物(養父ハリー)はジョーについて何も語らなかったのか?

 それについての一つの解釈だが(前回もちらっと触れたが)、ジョーが時間遡行で肉体ごと姿を消し、遡行した先で死亡したのか、別の歴史をたどった世界を生き延びていったのか、いずれにしても肉体存在として戻ってくることなく存在自体が消失したことで、時間SFではたまにみられる世界の自己修復機能で、存在自体が(過去まで遡って?)なかったことになっているのではないか?
 その場合、ジョーの存在が消えた後の世界では(その世界の人々の「記憶」の中では)、以下のように改変されていたのかもしれない。

・ジャックは双生児ではない?
・ビルギットは英国に脱出後、ジャックと結婚?
(サムの書簡でジャックがビルギットと結婚している、と語っていたのは浮気を隠すための偽装ではなく改変後の事実?)
・スチュワートの父親はジャック!?

 この場合、ジャックはスチュワートの誕生日に死亡しているので、夫を失ったビルギットは自然な流れとして、もともと懇意だった隣家のハリーと再婚して彼を育てた(ということになっている)のだろう。
(スチュワートとサムとのやりとりの中ではジャックとスチュワートの関係も語られない点には、なお違和感が残るが、そこはここでは措いておく)

 ただし、この世界の自己修復機能はどうやら人々の「記憶」には作用するが、文書や写真等、物理的に残ってしまったものにまでは及んでいないのではないか。ということで、誰一人その存在を「記憶」していないにも関わらず、「記録」の中にはジョーの存在の痕跡が残されてしまっているのが「スチュワートの世界」なのかもしれない。

■あしたのないジョー
 そういうことで、「スチュワートの世界」からは存在を抹消されてしまっているっぽいジョーだが、ジョー本人の主観ではその後をどう生きていったのか?

 前回考察したように、和平の実現した世界から拒絶されたように感じて、和平に関わることをやめてしまっていたなら、英独和平が不成立に終わった読者の知る歴史の世界で生きながらえたのかもしれない。
 あるいは、その後も和平の努力を続けたが、どうあがいても和平成立の世界に居続けることができず、セーブポイントである救急車に戻って無限ループに陥っているという可能性もある。

 よくよく考えてみると、せっかくビルギットと結婚したのに生活は苦しく、赤十字活動に没頭してビルギットはほったらかし、たまに家に帰ると自宅はグラットン親子にのっとられているか、ジャックがビルギットを訪ねてきたらしい痕跡をみつけるか、ジョーの私生活は荒廃する一方。
 しかも、そのことを自覚するような出来事に遭遇すると時間が戻ってしまうので、自分が成し遂げた和平成立の世界から離脱せざるを得ない、というループ構造になっているというあたりが、また底意地が悪い。

 いいことがあった、と思った次の瞬間にそれがひっくり返る、という絶望感は精神的にかなりきつい。そういった瞬間を選りすぐって追体験をループで繰り返す主人公の地獄めぐりを描いた短編にティプトリー「煙は永遠に(煙は永遠にたちのぼって)」のような作品がある。(ベスターの「地獄は永遠に」も同様のアイデア、構造と思われる)

 また、この第五部の読後感は、先日改訳復刊されたレムの『泰平ヨンの未来学会議』の読後感にも近いように思う。『〜未来学会議』は主人公に対して次々と作用してくる幻覚剤の効果で、さまざまな悪夢的な世界を体験するが、最後の数十行で複合的な幻覚がはがれて、物語の序盤に回帰するのだが、その世界は、未来学会議参加者たちが物語序盤で始まった爆撃を逃れて一時的に休息しているシチュエーションであり、そもそもハッピーなエンドではない。しかも、そこまでに描かれた幻覚の多層構造を考えると、悪夢的な現実から脱出し切れたとは思えず、時間ループではないものの、これも「地獄めぐり」的な物語構造であった。

 『双生児』においても、第五部が「ジョーの自筆ノート」で時間が戻った瞬間で終わってしまい、ジョー本人はけっして望む世界にたどり着けず、絶望の無限ループに陥っていることを示唆している点で、読後感は『〜未来学会議』に近いと感じた。