ぐらんぷりふぁいなる2009年12月04日 23時42分13秒

 朝は6時半くらいに目を覚ます。今日も徒歩でてくてくと出勤。
 今日の一日どたばたと仕事。まあ、いろいろとどたばたと(笑)。
 夜は20時くらいに帰宅。フィギュアを観るためにこの時間に帰宅したのに、冒頭20分ほど夕食を無心で食べてしまい、TVのチャンネルを変え忘れてしまっていたのはご愛嬌(笑)。因みに夕食は妻作のベジタブルカレーにできあいのカツで動物性タンパク質を補ったカツカレー。美味しゅうございました。で、肝心のフィギュアの方だが(笑)、男女とも流石に今シーズンでは各日本人選手のミスが最も少なくハイレベルで見応えがあった。特に男子の演技は二人ともよくて、久しぶりにちょっと観ていて目頭が熱くなったりもしたんだけど(まさか男子シングルで目頭を熱くする日がくるとは自分でもびっくりだ(笑))、高橋大輔があそこまで復調してしまうと、織田信成がほぼベストの状態でもスコアでは頭一つ越せないのは観ていても納得。あ〜いかんなあ(笑)。オリンピックの男子シングルを観戦して結果にかかわらず号泣しそうな予感がする(笑)。そんなことは荒川静香で最後だろうと思っていたのに(笑)。あ、いや、安藤美姫も予選の不調からきっちり仕上げ直してきたあたりにアマチュアスポーツだけど「プロ意識」、4年分の成長を感じた。トリノは遠くなりにけり。

いつわりのうたひめ?2009年12月05日 22時48分49秒

 朝は7時過ぎに目を覚ます。軽く朝食の後、一人で静岡へ。10時からの『マクロスF劇場版』など鑑賞。いや、もうほとんど違う話でしたが(笑)、まあまあ楽しめました(笑)。しかしまあ、TVの感想の時にも書いたような気がするけど、移民船団はヴィジュアル的にはほぼ『宇宙都市』シリーズですな。大画面で観るとなかなか感慨深い。しかし、パンフレットを読んで初めて知ったのは、マクロスの各シリーズ作品はマクロス世界においてもフィクションである、という裏設定(?)。インタビューとかこまめに読んでいる訳じゃないので、いつ頃からそういう話になったのかはわかんないんだけど、要は、あの世界における「史実」におおむね沿ってさえいれば、細かい脚色はフィクション作品ごとの作者の解釈に委ねられている、ということで、いわば歴史小説のようなもの、ということらしい。なので、最初の『マクロス』とその劇場版とか、『マクロスF』TVシリーズと今回の劇場版のストーリーが違っても、同じ世界がベースにある、ということらしい(笑)。いや、そんなこと(笑)になっているとは知らなかったので、今回、アニメの内容そのものよりもむしろこれが一番のびっくりだったかも(笑)。
 その後、ラーメン屋で軽く昼食。ちょっと笑っちゃったのは、期間限定メニューとして、焼津の某ラーメン屋のラーメンにインスパイアされたラーメン、というのを出しているみたいなんだけど、大本のラーメン屋さんからは「非公認」でやっているんだと(笑)。そんなんあり(笑)? その後、ミスドでしばらくパソコンをパコパコして過ごす。
 ワイン屋で今月の赤白ワインを引き取って、デパ地下でお惣菜をちょっと買い込んだりして帰宅。夕食はあるもので適当に。引き取った赤ワインを抜栓。ベリー系の香りがフルーティでまあまあかなあ。食後、赤ワインを飲みつつグランプリファイナル観戦。いや、昨日のSPとは打って変わった荒れ模様で、かなりハラハラしながら観戦してしまった。織田信成もちょっと失敗があったが、高橋大輔があそこまで沈むとは……! 女子の方もけっこう荒れ模様だったが、安藤美姫の滑りは冷静にまとめてきていて大崩れはしなかったけど、その分キムヨナには一歩及ばす。まあ、織田&安藤のバンクーバー内定は順当なところか。

ぶるーれい?2009年12月06日 23時43分38秒

 朝は7時過ぎに目を覚ます。今日の『ダブル』はアイドルDJへのストーカーの話だが、脚本が今回も長谷川圭一。しかし、前回もホラー的な側面はよしとして、ミステリ(というほどのものではないか……)としての種明かし部分はストレートすぎてひねりがないと思ったんだけど、今回はその部分がつまらないのでどうしたものか……(笑)。まあ、ホラーばっかり書いている訳にはいかないとはいえ、もうちょっとひねりが欲しいところだなあ。ということで、今回はほめてません(笑)。
 今日の『フレッシュプリキュア』は、まだ12月頭だというのに前回からの続きで既にラストバトル進行中。作画、演出ともえらく気合いが入っていて、見応えがあったんだけど、ちょっとこれは女児向けのアニメとしてはハードすぎるというか、いろいろな意味で歴代『プリキュア』シリーズの中で先鋭的な方向に走りすぎちゃったのでは? そのせいかどうか、先週ネットで流れていた来年のシリーズのキャラデザインは『どれみ』か『ふたご姫』か、という雰囲気だったが、また全然違う方向性になりそうだが、吉と出るかどうか……(笑)?
 そういえば、昨日自分へのクリスマスプレゼントとしてポチッとしたパイオニアのブルーレイプレーヤー(レコーダーにあらず(笑))がもう届いてしまった(笑)。早速動作確認。いやまあ、今のところ買いためてしまった『けいおん!』しかソフトはないんですけど(笑)。DVDは先日買った『去年マリエンバートで』を試しに今までのAQUOSレコーダーと今回のプレーヤーで見比べてみたが、もともとモノクロで粒子の粗い画面が特徴の映画で、デジタルリマスター版でもあるので、そんなに極端な違いはわからなかったけど、多少コントラストがくっきりしているような気もする(実際はかなり細かい画質設定機能がある筈なんだけど、そこまでは使いこなせないような気が……)。

しぇるぶーる2009年12月12日 23時57分24秒

 朝は普通に目を覚まし、トーストの軽い朝食。その後、新幹線で上京。
 日生劇場でミュージカル『シェルブールの雨傘』を観劇。ストーリーはともかく、ダンスの振り付けがアイスダンスかペアスケートのようで、男性を女性がリフトしたりデススパイラルしたり、ちょっとびっくりした(笑)。それはともかく、出演者の歌がみんなうまくて、ミュージカルとしては上々の出来かと。
 夕方から新宿で東北大SF研OBの忘年会。いや、妻も一緒だったけど、うちの妻はOGじゃないので、今回はSF研からはOBのみ。とはいえ、世代番号3、4、6、7、8から一人ずつまんべんなく参加したバランスのよい飲み会だったのではないかと。

ざあさいなべ2009年12月19日 23時40分24秒

 朝から某所に出張。夜は19時半くらいに帰宅。
 夕食は妻が材料を買い出しておいてくれたので、久しぶりに搾菜鍋。美味しゅうございました。いや、やっぱりいいバラ肉を使うと肉がおいしいなあ(笑)。

きむちなべ2009年12月20日 23時46分27秒

 朝は7時半くらいにのんびり目を覚ます。今日の『ダブル』は久しぶりの三条陸脚本だが、伏線的にはちゃんと前回から続いている。しかし、正義の味方の偽物が「俺の名前をいってみろ」(笑)みたいなことを言ってたら、それ、どこのジャギ(笑)? と、言った感じだが(笑)、前のダービー兄弟ネタも含め、ジャンプ出身者がやるんだったら全部オマージュかリスペクトということで(笑)。
 『フレッシュプリキュア』はラストバトル前だが、戻って来れるかどうかわからないので、家族や友人たちに正体を明かしてから闘いに出向く、というのはシリーズ初というか、ある意味驚天動地の展開であった(笑)。まあ、前作まではバトルで街が破壊されても敵を倒すと元通り、プリキュアの闘いは一般の人々のあずかり知らぬところで行なわれている、いわば幻想世界での闘い?というトーンで一貫していたところ、『フレッシュ〜』はスタート当初からプリキュアの活躍がマスコミで報じられているなど、現実世界で戦っている、という描き方だったので、ある意味自然な流れではあったかと。あと、ヒロインの恋愛感情をここまで正攻法で描いたのもシリーズ初だと思う。いや、完結までのあと1ヶ月、いろいろと楽しみだなあ。
 本当は久しぶりにJRのウォーキングにでも、と計画していたのだが、あまりの冷え込みに予定をキャンセルしてしまう軟弱夫婦(笑)。ということで、気を取り直して年賀状の宛名印刷などにいそしむ。
 午後から買い物。あちこち行ったので、戻ってくるともう16時過ぎ。夕食は海鮮キムチ鍋。いや、あまり肉が続くのもいかがなものかと思ったのだが、たらとサーモンが美味しゅうございました。

すきやき・からおけ2009年12月21日 23時59分25秒

 朝は6時半に目を覚ます。今日も徒歩でてくてくと出勤。
 今日も一日どたばたと仕事。まあ、いろいろとどたばたと(笑)。
 夕方から職場の忘年会。例年、ソフトバレー大会の最下位チームの若手が幹事をすることになっているのだが、今回の趣向はなんとすき焼き大会。なかなか驚いた(笑)。2次会は久しぶりにカラオケ。いや、昨年部下の女の子とアニソンデュエット(笑)をしたのが一部(笑)に受けたので、まあ、久しぶりに(笑)。「ライオン」とか「冒険でしょでしょ」とか、いかにもキーの高い曲でむりやりデュエットしましたが、今回指摘されて気がついたが、たこいが歌っていたのは実はランカパートだ(笑)。

かぼちゃ・ゆず2009年12月22日 23時00分31秒

 朝は6時半に目を覚ます。今日も徒歩でてくてくと出勤。
 今日も一日どたばたと仕事。まあ、いろいろとどたばたと(笑)。
 夜は20時くらいに帰宅。夕食はぶりの照り焼きとかぼちゃのそぼろ煮。美味しゅうございました。お風呂はゆず湯。いや、冬至ですなあ(笑)。
 そういえばアマゾンに注文していたものが届いていたが、その中に新書館の『猫ばか』というアンソロジーが(笑)。いや、橋本みつるが数ページ描いているというのでファンの責務(笑)として一応接収したものの、その数ページ以外はぱらぱらめくってみても興味が持てないのでどうしたものやら(笑)。

かめんらいだー2009年12月23日 23時51分52秒

 朝は7時半過ぎにのんびり目を覚ます。
 JRで静岡へ。11時40分からの回で仮面ライダー劇場版など鑑賞。おおかたの世評通り、『ディケイド』はぐだぐだ(笑)。『ダブル』は前後編でTVにそのまま組み込んでもいいような内容。とはいえ、もうこれまでの経緯で『ディケイド』は「そういうもの」だと思ってるせいか、大して腹は立たないし(笑)、付け足し(笑)のようにディケイドとダブルが共闘するのも「劇場版」のお祭りの一部としてそれなりに楽しめた。というか、『ダブル』の方は、その「付け足し」の部分までも主人公の成長物語の一部として組み込んだ趣向になっているあたりはなかなかしたたかといえるのではないか。その部分があったからこそ、そんなに腹も立たなかったのかな? それにしても、『エヴァ・破』や『マクロスF・劇場版』は観たがらないのに、『仮面ライダー』は日頃本編を観ていないのにOK、といううちの妻の許容範囲もちょっと謎かも(笑)。
 その後、前からちょっと気になっていた静岡の老舗肉屋の直営のレストランでランチ。味付けは濃かったけど、肉は美味しゅうございました。あとはあちこちウィンドウショッピングして帰宅。夕食はいろいろ買い込んだものを肴に適当に。
 なんでも、NHK-FMが今日は昼から深夜まで丸まる半日宝塚特集ということで、珍しくBOSEでFMを聴く。まあ、現役からOGまで、公演後その足でかけつけたゲストもいたりして、超豪華キャスト。結局放映終了まで流しっぱなしでした。

いそじまん・せいたい・ふぃぎゅあ2009年12月26日 23時56分32秒

 朝の9時半に焼津のミスドに行って福袋を買う。店舗割当分の福袋は10袋くらいしかなかったみたいだけど、開店時間に買いにきていたのは4〜5組くらいだったので、そんなに焦らずに買えた。これでうちのポンデライオンぬいぐるみはサイズ違いの親子になりました(笑)。その後、DIYショップでいろいろ買い込んだり、お土産らしきものをいろいろ買い込んだり、駅前商店街の肉屋でいろいろ買い込んだり、酒屋で予約してあった磯自慢の新酒と酒粕を買い込んだりしていったん帰宅。
 行きつけのこの酒屋さん、もともとは1年中いつでも磯自慢が手に入るお店だったのだが、最近は秋口には吟醸グレードはおろか、本醸造グレードまで欠品しているとのことで、サミットで知名度が上がったためか、それとも、静岡に本店のある某ワイン&地酒ショップが首都圏に支店をどんどん出して、そっちに品物が流れて行ってしまっているのか、いずれにしても不便になった。多分困っているのは、もともと地元で本醸造グレードを普段飲みに使っていた古くからのお客さんだと思う。あ、あと、昨年の新酒はちょっと粗くて、数ヶ月寝かせてからの方が味がよかったので、買ってもあまり急いで飲まない方が吉かも。うちは独身時代から毎年5本買って、2本は正月用に仙台に送って、3本は時期をずらしてちょっとずつ飲んでるけど、冷蔵庫に1年保管すると味が丸くなって美味しいです。
 昼は、昨日の飲み会のビンゴで当てた謎の有機栽培うどんを試食。見た目が茶色くてやたらと細いので、蕎麦っぽく見えるのだが、味は冷麦とうどんの中間くらいの感じ? 悪くはないが、買ってまで食べたいか、というとちょっと微妙(笑)。因みに販売者は微生物農法研究所(笑)とやらで、たぶんEM(笑)? 色が茶色いのは添付のパンフによると「漂白をしていないから」とのことだが、その主張はいかにも「有機農法」の人たちにありがち(笑)。因みにこの茶色はたぶん小麦の胚乳ではなくて薄皮の色ではないかと思う。たぶん「有機っぽさ」の演出のために精白をあまりかけないでこの色にしているんじゃなかろうか(笑)? いずれにしてもいろいろと「香ばしい」代物だが、あればあったで休日の昼食の助けにはなるか(笑)。
 午後はのんびりしていて、18時から今年最後の整体に。先日来、アリナミンEXプラス、もしくはその互換品(笑)を服用しているのだが、肩その他の痛みはずいぶん軽減されるので、日常的には以前ほどつらくはなくなったものの、こりそのものがほぐれる訳ではないので、やはりたまには整体に行かないと(笑)。しかし、アリナミンEXプラスの効果はある意味絶大(笑)。もっと早く試してみればよかった(笑)。
 いろいろ買い込んだものでちびちび飲みつつ夕食。BGVは全日本フィギュアの女子シングルだったが、今年観戦した中でも屈指の緊張感で、どの選手もそれなりによかったのだが、鈴木&中野の当確ラインコンビの演技が特によかった。安藤、浅田のトップコンビもグランプリシリーズでの不調をきっちり修正してきていてよかった。オリンピックシーズン的には、もしかするとこのくらいのスロースタートの方が結果的にはいいのかも、と、ちょっと思ったりもした。上位4選手の中で、グランプリシリーズから今回に向けて下り調子(4年前の安藤のような)の選手がいないように見受けられるのはちょっと心強い。